2020/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


昼夜逆転生活。

 

来週から作業効率を考えれると

普通に戻した方が絶対いいのだが

どうしても夜とか明け方の方が

描いていて調子がいいような気がする。

 

気がするだけで

実際は描いてみるとあまり変わらない

だけどね。けど調子がいい気がして

描いてるのは気持ちいいので

よーく考えて夜作業する日と昼作業

する日を振り分けようかな。

 

色塗ったりするのは昼間の方が

捗るが文字や筆の一発描きは

圧倒的に夜。しかも深夜の方が捗る。

 

軒並みイベントも中止になってるが

早く普通に戻って欲しいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

ROKUROKU  Blu-ray無事発売。

 

公開からすごく時間が立ってからの販売。

販社を使わずに委員会直売り方式なので

Amazonのみ販売。売れて欲しい。

画像はROKUROKU主演の野本かりあ。

 

書き仕事は一段落。描き仕事に突入。

違う脳を使うので出だしが調子が良くない。

こればかりは描くしかなく、描いたモノは

一晩寝かせるとまたと見え方が変わるので

描いてすぐに気に入らないからといって

捨てないようにしてる。

とは言っても劇的に素晴らしく変わる事は

ないのが現実。来週も籠る。

気晴らしにコッソリ

 

ゲームセンターに行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


やっと抜けた。

時間が掛かったけど

まだ諸々とりかえしがつく。

明日1日だけ遊んで明後日からは

ガーと創作活動を再開する。

 

物語を書くのは苦しいけど

出来上がるととても愛おしく感じる

ので自分には必要な仕事なんだなと

毎回思う。後はこれをカタチにして

人に届ける手段を考える。

 

ロクロクの続編も作りたい。

 

 

いや作る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ティッシュもないのか?

 

と書き物。

先程から書き始める。

まだ着地までの道筋がこれでいいか

とかハッキリとした芝居場が見えて

いないのだが言葉がスラスラと

出るのでこのままゴールまで書ける

だろうと思う。

 

大事なのは書けなくなった時でも

エンジンは切らずにすぐに発信できように

する事。そしていつも自分に言い聞かせている

のは・・・・一番の敵は。

 

自分の焦り

 

これは最強の敵なので、

これと向かいあって手懐けるしかない。

そのエネルギーはスーパーボジティブは

未来志向。

 

もういい年だけど

まだ未来はあるからね笑笑

 

コーヒー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


学生は自宅にいるように!なはずだが

 

映画館に行くと そりゃあもう学生でいっぱい。

 

平日に昼間に映画を見るんだが

 

アレ、もう春休みだっけ?と思ったが、

 

そうだ、安倍さんが要請した休校期間に

 

入ったんだと。 とにかくミンナで自衛自重しよう。

 

筆ノラズ。

 

着地はいいけど最初に考えた展開がどうしても

 

気に入らず。物語を書く手が止まっている。

 

プロの脚本家ならば失格だろう。

 

けど 何でもいいから書くってことが出来ない。

 

いつもウンウン唸りながら書いている。

 

今日明日でスカッと抜けてほしい。

 

そして個展の作業だけに没頭したい。

 

まずはコーヒー飲むかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


寝過ぎは良くないのは

わかっているが寝てしまう。

撮影の仕事がある時はほとんど

寝れない日々が続くので

撮影が無いときはその反動で

人一番寝てしまうようだ。

そしてしばらく撮影の仕事は

無いので今年は良く寝て良く寝る

年で終わりそうな気がする。

 

ただ寝ることで助かる事もある。

それは色々なアイデアがまとまる事。

自分の場合はベッドに入って

目を閉じてそして空想や妄想をする。

その至福の時にハナシを考えてたり

カタチを考えたりする。

それが割と創作物のアイデアの根源に

なる事が多い。とても多い。

なのでチャンと寝れる時間がある事

は創作物と向かい合っている時期は

とても大事なのね。

 

昨日は呑まなかったので

今日は夜何を呑むかを楽しみしながら

寝る前に考えてアレヤコレを

書く描く画く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


未曾有の事態に突入している。

予測は出来ていたのかもしれないが

情報が少なすぎる。

子供たちを守る為の休校処置ならば

共感出来るし素晴らしい事かもしれない。

しかし子供たちを守れる大人は一体誰が

守ってくれるのか?優先順位をつけるのは

難しいだろうが子供を守るために尽力を

尽くせる力のある人、立場の人には

その力が発揮できる環境をあげてほしい。

こんな時に自分の仕事は無力であるなあと

痛感する。

 

祈る。


藤田の舞台を観劇。

 

コロナウイルスが猛威を振るう中

前から見たかった藤田の舞台へ。

もうすでに大人気の有名な舞台なので

詳細は書かない笑笑。

 

あまり2・5次元の舞台は見ないし

実は招待もされないのでが藤田が

俺の見てほしいというのが風の噂で

伝わったきたのでこれ幸いと言ってきたよ。

 

MAN KAI STAGE ! A3 

 

観劇の感想。

実に良かったというか素晴らしかった。

もちろん原作のゲームの事やアニメや

どういった事が受けているいるのかは

全く情報がなく観劇したのだが藤田が

キャラクターと観客に向き合ってキチンと

プロの役者として仕事をしている。

そしてそれが客に伝わり響かせている事。

ああ、これは藤田でないと出来ないな

キャラクターだなあと思った。

 

細かい事を言うと

必ずアテレコのある映像仕事、つまり

GAROのような特撮作品を若い頃

(今も十分若いけどね)から演じきたから

出来るキャラの誇張。それは所作であったり

声の張りであったする技術。

そしてアクション。こちらも絡みのいる

立ち回りと一人、現場で相手のいない

エアでの立ち回り。今まで一緒に

やって藤田が習得し多分同世代や若手の

俳優には難しいだろうなといった

シーンを見せつけてくれた。

以下俺の目から見たポイント。

 

 

・素立ちでの姿勢

・低い声を立ち回りでも一定に保っていた

・前蹴り。足先下がらずちゃんと水平を保つ

・逆手から始まり次に順手。最後は鞘で二刀流。

・リアクション。エア立ち回りになってからの

 やられのリアクション。※これが実は一番難しい。

 

などなど。

これは俺が今日見た事を忘れないためもメモ。

 

さて

 

オジサンも頑張ろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 しかしまあ

 

 マスクがどこ行っても品切れ。

 腹つのはそのマスクを高額で転売している

 輩がいる事。

 元々転売という行為自体あまり好きでないが、

 今回の騒動の中でマスクの高額転売。

 大量にあったマスクを定価で分けるのと

 最初から転売の利益をみこんで買い漁る

 のは意味合いが違ってくる。お金を儲けたい

 というの人間の性なので完全に否定は出来ない

 が

 その先に人の生き死があると思うと

 どうしても許せん!と考えてしまう。

 

 今年は4月と夏と秋に

 小さいながら絵の展示をしようと

 企画しているので 出来れば

 

 早く 速やかに 穏やかに

 

 沈静化して欲しいと願っている。

 

 毎日仕事で家から職場へ通う人。

 大切な家族がいる人。

 気をつけてね!としか言葉が出ないけど

 この災いを一緒にミンナで乗り切ろう!!

 

 できる事は書画をあげること。

 書画が描けるのは生きてる証。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

連休最終日。

順調に進んだ筆がピタリと止まる。

これはスランプとか思考停止でなく

これから書く所が分岐になるので

色々と考えてから書かないとと最後まで

完走出来ないので勢いではかけない。

表現したい事と感じさせたい事は

ハッキリしている。

ただそれをどういった言葉がいいのか?

どういった場面がいいのか?

それを考え中。この筆が止まる感じは

最初の全く進まない時と違うので

あまり焦っていない。

未来の自分がいつも何とかしてくれる

ので大丈夫笑笑。

 

方向が決まったら家呑みする。

 

ラフロイグ。