2020/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

<< >>


空想改革とは全く関係ない。

 

昨日は久しぶりに外で飲んだ。

諸々と打ち合わせとか決め事の

後で今ま仕事していない新しい人

達との呑みだったので楽しくなり

いつもより2杯ぐらいは多めに

飲んだ。2杯というと大した事が

ないように感じるがホッピーの

中でしかもよくある

 

ストップと言ってくださいね!!

 

のヤツなのでどうしても貧乏性の

おじさんはタップリ入れてもらって

からのストップなので2杯といっても

結構多いのね。笑笑

 

まあ楽しかったらヨシ。

ちゃんと電車で帰れたし家のお土産も

忘れない絵に書いたような

酔っ払いで帰宅できた。

 

この年になると腹を立てやすくなるし

怒りをそのまま伝えてしまいがちだが

まずは

 

怒らない!

 

事を一番に日々を過ごそう。

と思えるのは楽しい時間が

手に出来たからに違いない。

 

今日も書く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


4月に阿佐ヶ谷で個展する。

打ち合わせをした。描いた絵を

見てもらい買ってもらう展示。

 

自分はあまり作品を売りたくない

スタイルで今までやってきたのだけど

それでも自分が書いたモノや描いたモノを

手元に置いておきたいという声があったので

 

ならば

 

そういった人たちが欲する絵や

文字や言葉を描こうと思って昨年末に

試験的に開催したのが

 

画牙天

 

自分なりに納得できた作品が描けた事が

大きい。

 

頑張る

 

 


引き続き書き物。

 

まだ数枚。

 

なんだけど

何を書くのかとか

何をゴールにしているのか

が見えているので筆が止まって

てもそれはその先を考えている

時なので不安はない。

 

後はなるべく響く言葉や

動きや感情がカタチになるように

唸りながら文字を書く。

 

唸るのはいつもだが。

 

今日は

嫌なことがヒトツあった。

嫌なことがあった事実は変えられない。

 

 

脳内の居場所からその記憶を

追い出す事は出来る。普段からの

気持ちの在り方や物事への

捉え方や価値観で 嫌なことの

記憶が住みにくい脳内にしておく。

どうやるか?

 

簡単至極。

 

自分が楽しいモノや好きなモノを

で脳内をパンパンにしておくだけ。

そうすれば嫌な出来事と遭遇しても

それら記憶に残りづらい脳内になる。

 

ただ嫌なことから学ぶ事も

とても大事なのでその感情は捨てない

ようにしよう。

 

自戒

 

一服して作業開始

 

 

 

 

 


光明!

 

今まで書けなかったのは

着地が見えなかった事と

何を描こうとしてるのかが

決まっていなかったから。

 

そして着地が見えて

何を描くべきなのかが

今、正に降って湧いたきた!

 

そうコレを待っていたのだ。

これは描くに値する

物語になる!!

 

これから始まるのは

苦しいけど楽しい作業。

 

いやあサボってみるもんだ。

物語が始まった日の記録の為に

このブログに記しておこう。

 

では

 

仕事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 友

 

 共

 

 伴

 

 という題名でTwitterにアップした画像。

 

 生産的な事もせずに1日が終わる。

 

 なかなか筆が進まない。

 

 書けば何とかなるとか、

 

 書いてるうちにお話しが完成してるとか

 

 そんな事はない。

 

 大概は頭でちゃんと考えてから書かないと

 

 後で 

 

 取り返しがつかない事になるのね。

 

 少しで書いてしまった物語や

 

 キャラクターや言葉は 

 

 もうすで血肉が通ってしまうので、

 

 後で変えようとしたり直そうとすると、

 

 ものすごく反発してくるのだ。

 

 なので 

 

 なるべく考えた物語やキャラクターと

 

 最後まで仲良く 

 

 ケンカせずに付き合いたいので、

 

 ちゃんと

 

 考えてから書く。

 

 書きたい。

 

 けど

 

 絵や書画に関してはあまり考えなしに

 

 描いた方が いいモノが出来る。

 

 でも 

 

 本当はテーマやその絵で伝えたい事

 

 そんな事をちゃんと考えて

 

 描いた方が良いんだと思う。

 

 そんな絵をこれから一枚でも多く

 

 描けるようにしたい・・・・・

 

 

 が

 

 

 まずはお話しを書かんといかん。

 

 

 まだ時間はある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 だいぶ暖かくなってきたよう気がする。

 

書かないといけない仕事と、

 

描かないといけない仕事が、

 

どうも捗らない。 

 

不思議なことにブログをアップしようかなって

 

余裕がある時は

 

大概

 

創作面では不調なで

 

趣味活動では

 

絶好調な時が多い。

 

つまり今はあまり仕事せずに

 

溜まり溜まった愛おしい玩具と

 

戯れてたいというか

 

戯れてから就寝している。

 

 

色塗ろうかな 笑笑

 

 

明日は何ページかは書く。

 

多分

 

書く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

今考えると年末の画牙天の時の

創作エネルギーはかなり高く純度も濃かったんだなと

思う。前に自分が書いたや描いたモノが立派に見える時は

たいがいは不調な時。ただ本当の不調と調子が良くなる前の

不調ではだいぶ違うのでこれは多分調子が良くなる前の

 

不調である

 

と言い聞かせる。

次の<個天>は今まで何度かカタチにしてきた

<九字>にもう一度向き合ってみようかなと思う。

この<九字>は世間的なモノとは違うので呼び名というか

名称も変えようかなと思案中。

 

九次

 

九兕

 

九形(クギョウ)

 

九字九形

 

意味はある?

多分ある 笑笑

 


揺さぶる音曲。

 

聴いただけでワッと泣き出してしまうような音曲。

誰しもヒトツはフタツはあるのかもしれない。

好きになる曲が、なぜゆえ好きになるかを考えた事がある。

素晴らしい曲だから?良い曲だから?それではどうにも納得が

いかない時がある。

 

たいがい好きになる曲には共通点があることを発見した。

それは聴いた時に初めて聴いたのに初めて聴いた感じがしない事だ。

多分なんでそう感じるのかというと、その曲の持つ何か、フレーズとか

パッションがすでに生まれた時に、実は己の体に刻まれていたからではないか?

そう考えるとすごく納得出来る。

 

最近ではララランドの最初の曲。

 

映画館でこの曲が鳴り始めて、それから多分途中ぐらいで

この曲は凄く好きになるに違いないと思い、そのシーンが

終わる頃には曲がすでに己の一部となり魂の曲となっていた。

そしてオープンニングタイトルが出て映画が始まるのだが、

そんなに好きになった曲を使う映画が自分にとって

つまらないはずがないのだ。

 

自分が作る作品もそんな音曲で埋め尽くしたい。

 

カッコイイ

 

そして

 

ケレン

 

今年の主題。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


強力。

という字を書いてみた。

強い力。

その文字が持つ意味や

文字からくる印象をカタチに

しつつ書くのだが、自分の場合は

書と言うよりは漢字のカタチをした

図形に近いかもしれない。

自分であまり気にいっていない

仕上がりは多分見た人にも

ソレナリの印象なのだと思う。



自分でコレはステキに描けたなあ

といったモノは見た人に響く事が

多い。問題は時間をかければ

良い仕上がりになるわけでなく

ダメな時は全くカタチにならない。


それも含めて面白い。

日々の線画は作品というよりは

作品を作るための下地なのね。

だから筆練習として画像を

Twitterに日々上げる。



風邪はだいぶ良い。




























新型コロナウイルス猛威。

そんな中普通の風邪をひいたようで

先週は殆ど寝ていた。いまはスッカリ

良くなったが、風邪アルアルの

自分が治ったら家族が風邪という現象。

申し訳ない。


今週はお話しを考える。